その他税金に関すること 税金110番!−脱税と節税は紙一重?

2008年08月18日

宝くじには税金がかからないけど、カジノの勝ちは?

宝くじが当選したときの賞金が非課税となっていることはよく知られていると思います。

1億円当たったらそのまま1億円を自分のものとして使えます。

でも、銀行に預けて翌年に利息が発生したら当然その利息に対して一定の割合の税金が引かれたり、家族や友人にまとまった金額を譲渡した場合にも贈与税が受け取った方にかかります。


ところで、カジノでかった賞金はどうなのでしょうか?


オンラインカジノは、カジノ側が控除しないので、日本で所得申告して課税・・・などとややこしい話になるのでおいて置いて、ラスベガスの場合でいうと。


スロットなどで1200ドル以上当たると、30%程度の税金を差し引かれるのが一般的です。

最近は、日米の条約によって二重課税を防ぐ目的から、観光客に対しては課税せずに、満額を支給し、日本で申告させるという方針が採られているようです。

ただし、これも担当者が知らなかったりで、徹底されていなかったり、勝手のわからない観光客が混乱する場合も多いようですね。

いずれにしても、カジノでのスロットなどでの賞金には課税されるということです。

不思議なことに、ブラックジャックやポーカーなどテーブルゲームでは大金を手にしても課税されません。


何度もラスベガスには行っていますが、一度でいいから課税されるぐらい勝ってみたいものです。(笑)
posted by Tax at 16:33 | Comment(0) | その他税金に関すること

2007年10月08日

税理士の選び方と税理士に何を頼むか

一般的に中堅企業以上になると税理士(税理士事務所)や会計士(会計事務所や監査法人)と顧問契約などを締結してサポートを受けるケースが多いのですが、その税理士はどのようにして見つけ、何を頼めばよいのでしょう??

おそらく多くの企業は口コミや紹介で知り合った税理士と長い付き合いをしているのではないかと思います。

知人や関係者からの紹介の場合、人間関係のうえで信頼できるというメリットがあるものの、気が合わなかった場合、断りづらいというデメリットも・・・

そんなときに役立つのがインターネットです。

複数の選択肢から客観的に判断できて、契約に至らなくても何も気にする必要がありません。
便利な世の中になったものです。(笑)

税理士と契約したら次は何を依頼するのかを明確にしなければなりません。
折角契約するのですから、税理士の知恵と知識を最大限に発揮してもらうべきなのです。

通常、「税理士」といえば、税務申告書の作成やチェックなど納税のサポートと考えがちですが、実は彼らは経理の受託やコンサルティングなど、経営全体のサポート的な仕事もたくさんしている専門家なのです。

会計帳簿の作成や日常の記帳から、税務調査の立会いや税務署との折衝まで請け負ってくれるところが多いのです。

それ以外にも、日常的な経費削減や会社や部門の黒字化などなど。

税理士は会計や税金のプロですから、会社の状況の把握など数値面の把握には最強。(のはず)

経営と数字は切っても切り離せないものなので、さまざまな数字のことを税理士に聞いてみるのも良いのでは?

最近では、個人で副業をしている方も多いので、収入が増えたり、確定申告が必要になった際には気軽に税理士に相談してみてはいかがでしょう?

個人だと意外と安価や無料で相談に乗ってくれることもありますよ。


完全無料!良い税理士を厳選してご紹介!

テレビ・新聞メディア紹介多数。全国対応。まずはこちらをクリック!



タグ:税理士
posted by Tax at 13:46 | Comment(0) | その他税金に関すること

副業の所得「雑所得」で確定申告が必要となる最低金額は?

サラリーマンがインターネットビジネスで収入を得るとそれは副業として税務上も雑所得となってしまいます。

ここまでは誰もが知っていると思いますが、では、その「雑所得」がいくら以上であれば、申告が必要となるのでしょうか?
続きを読む
posted by Tax at 01:49 | Comment(0) | その他税金に関すること

2007年09月06日

幼稚な詐欺師−高等犯罪と低俗犯罪

脱税や税金とはあまり関係ありませんが、面白い発想のコラムだったので、採り上げます。
これによると脱税は、まず稼がないとできない犯罪なので高等な犯罪の部類に入るのでしょうか?
とはいっても、申告しない犯罪と課税を避ける犯罪があるので、後者の場合は・・・かもしれませんが。



 犯罪には誰でも出来る犯罪とある一定の人にしか出来ない犯罪があります。

 例えば脱税などは、金持ちの犯罪だといわれています。脱税をするためには、それだけ稼ぐ必要があるからです。稼がなければ、脱税するだけのお金がありません。

 そういう犯罪の中で頭が良くなくてはいけない犯罪の一つに、詐欺というのがあると思います。

 詐欺を働くには相手を騙さなければなりません。騙すためには相手の対応によって柔軟に対応したりし、口が上手くなければいけません。詐欺というのはかなり頭が良くなければいけません。

 しかし最近の詐欺は、こういう頭の良さが感じられない幼稚なものが増えてきています。オークション詐欺であったり、振り込め詐欺であったり、詐欺と呼ぶにはあまりにも幼稚な犯罪が増えています。

 こういう犯罪者に詐欺師という言い方は、あまりにも恥ずかしすぎる気がします。こういう幼稚な犯罪にも詐欺という名前をつけることで、少しは犯罪者として誇らしさみたいなものを与えているように思います。

 例えば、痴漢で捕まったりしたらかなり恥ずかしいです。この恥ずかしさはある意味、痴漢という犯罪を減らす抑止力みたいなものになっているように思います。

 また、振り込め詐欺やオークション詐欺のような、詐欺の中でも幼稚なものが増えてきた背景には、ネットの普及も関連していると思います。

 オークション詐欺はそのままネットの普及により広まったものだと思います。幼稚で安易でちょっとした知能があれば誰でも出来る犯罪です。

 こういう幼稚な犯罪者には、捕まったときに恥かしがらせるような犯罪名をつけるようにした方がいいと思います。マスコミもそういう所に知能を使い、名前を付けるようになれば、もう少しマスコミの評価も上がるように思います。

 ネットの普及により、安易に詐欺師になれるこの世の中、自分は詐欺師だと思っている幼稚な犯罪者が多いと思います。詐欺師という知能犯罪とは違うということをしっかり教える必要があると思います。

 詐欺師とは、頭が良くなくては出来ない犯罪です。今流行っているのは、詐欺なんていう高級な犯罪ではないでしょう。ただ、本当に頭の良い人は犯罪に走らなかったりします。

(9月4日 ツカサネット新聞)

確かに振り込め詐欺など、幼稚な詐欺が増えてますね。
思いつきでしかないような馬鹿げた方法ですが、億を超える被害が出ていることが信じられません。
私は大阪出身なので両親が引っ掛かる心配があまりないので、他人事のように感じますが、手口も徐々に巧妙になってきているようですね。
posted by Tax at 14:30 | Comment(0) | その他税金に関すること
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。