脱税事件!! 税金110番!−脱税と節税は紙一重?

2007年09月06日

渋谷の不動産会社1億4800万円脱税


 東京地検特捜部は30日、渋谷区の会社社長、姜大成(カンテソン)被告(56)を所得税法違反(脱税)で追起訴した。起訴状によると、姜被告は02年、貸金業で得た利息など約1億4800万円を隠して所得税約5400万円を免れた。

 姜被告は、不動産会社「伸富開発」(港区)の法人税5億3000万円余を脱税したとして、法人税法違反でも起訴されており、1審・東京地裁で懲役1年6月の実刑判決を受けた。しかし、2審・東京高裁が破棄し、最高裁もこれを支持したため、審理は地裁に差し戻されている。

 法人税法違反の公判では、1、2審とも「貸金業は法人でなく被告個人の事業だった」と判断したため、地検は姜被告を改めて所得税法違反で起訴するとともに、法人税の脱税額を約2億7100万円に減額する訴因変更を地裁に申し立てた。

(8月31日 毎日新聞)



この不動産会社儲かってますねぇ。法人税の脱税額も巨額ですが、「利息など」で1億5千万円を隠すってどれだけの金額を貸してるのでしょうか・・・
それだけあれば脱税する必要など全く無さそうに感じるのは私だけでしょうか?

posted by Tax at 14:42 | Comment(0) | 脱税事件!!

医療法人2700万円脱税


 約2700万円を脱税したとして、法人税法違反(脱税)などの罪に問われた医療法人「三矢会」(甲府市)と同会理事長の佐野鎌太郎被告(71)の初公判が3日、甲府地裁(渡辺康裁判官)で開かれ、佐野被告は「間違いありません」と起訴事実を全面的に認めた。

 起訴状によると、同会と佐野被告は02年9月〜05年8月、約1億円の所得があったにもかかわらず、架空経費を計上するなどの方法で法人税約2700万円を免れた。

 検察側は冒頭陳述で、保険医登録と運営する病院の保険医療機関の指定を00年に取り消されて収入が減る一方、独自の「免疫療法」によるがん治療を紹介する出版物の収入を維持するため、佐野被告が脱税したと指摘。経費を▽健康食品の架空仕入れ▽事務員に対する架空賞与――などの方法で水増ししたとした。

(9月4日 毎日新聞)

71歳にもなって脱税の罪に問われるとは、なんとも・・・ですね。
医療法人は儲かっている組織ではないと思うが、修正申告による納税と追徴に耐えれるのか・・・?
posted by Tax at 14:20 | Comment(0) | 脱税事件!!

プロ野球脱税事件

名古屋市の経営コンサルタント、会社役員の二人が、プロ入り一年目のプロ野球選手に所得税の一部を免れるよう持ちかけ、税申告を引き受けた。経営コンサルタント名義の偽の領収書で架空経費を計上したり、経営コンサルタントに架空の顧問料を支払ったことにして数百万円〜数千万円の所得を隠した事件。多くの選手が、かつて所属した学校や社会人チームの監督などに、プロ入り時に受け取る契約金の中から多額の謝礼を支払うことなどが明らかとなり、世間を騒然とさせた。脱税行為そのものは1994年前後に行われていたものであるが、1997年末に事件の全容が明らかとなった。

1998年2月6日までに起訴された全選手の判決が下り、2月10日にコミッショナーは各選手の処分を発表したが、最も重い選手で出場停止8週間という処分に、各方面から「甘いのでは?」との批判もあった。この処分が「甘い」とされたのは、過去に起きた黒い霧事件では有罪判決も受けず、刑事訴追もされなかった選手が永久追放処分されたのと比較してのことである。
(wiki)


小久保選手他、関係した選手や経緯を知りたい方はこちらへどうぞ
プロ野球脱税事件−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 13:13 | Comment(0) | 脱税事件!!

林家正蔵(こぶ平)が1億2000万円脱税

 落語家の林家正蔵(44)が、東京国税局から約1億2000万円の所得申告漏れを指摘され、重加算税など合計約4000万円余を追徴課税されたことが16日、分かった。落語界の一大イベントだった平成17年3月の“正蔵襲名”の祝儀などを隠していたもので、自宅にあった大量の祝儀袋を当局に摘発された。正蔵は同日夜、仕事先の東京都渋谷区のNHKで会見し、「隠したという認識は全くありません」と釈明した。

 申告しないで、どーもすいません!?

 偉大な父・三平もびっくりの巨額所得隠しを、正蔵が指摘されていた。会見で「税理士に聞いてください」の一点張りだった正蔵だが、「お父さんに何と説明を?」と聞かれると、「怒られるに決まってます」と肩を落とした。

 正蔵は17年3月、林家こぶ平から九代目正蔵を襲名。同月13日に東京・上野で14万人以上を集めてのパレード、17日に都内のホテルでのパーティー、さらには全国約60カ所での興行など、盛大な“襲名記念イベント”を相次いで開催した。

 この際の祝儀が、所得隠しの材料となっていた。前出のパーティーには、芸能界だけでなく政財界から850人が集結。1人で数百万円もの祝儀を包んだ後援者もいたという。

 正蔵の事務所関係者などによると、昨年の夏ごろに東京国税局の税務調査が入り、自宅地下のオーディオルームから空の祝儀袋などが見つかった。芸能人が後援者らから集めた祝儀は「事業所得」として申告が必要だが、正蔵はこの一部を除外して申告していた。

 正蔵はかつて、本名の海老名泰孝でジャズ評論家として活動したほどのマニアで、ラジオでジャズ番組を持ったこともある。この地下室にはLP3万枚、CD1万枚以上のジャズ作品をコレクションしており、映写室としても利用している。そんな至福の自室に、襲名イベントで使った小道具と一緒に祝儀袋を保管していたことから、“アシ”がつく結果となった。

 国税当局は空袋の記載から算出した約2200万円が、意図的に申告から除外されたとして、所得隠しと認定した。他にも単純な経理ミスなどがあり、申告漏れの総額は17年までの3年間で約1億2000万円、重加算税と過少申告加算税を含めた追徴課税は約4000万円余とみられる。

 同事務所では「襲名披露に欠席し、代理の人が祝儀だけ持ってきた分について、単純な申告ミスがあった。意図的に隠そうとしたものではなく、(国税局との)見解に相違があったが、指摘に従って修正申告した」としている。

 芸能界では昨年、狂言師の和泉元彌(32)が約1億2000万円、一昨年は漫才コンビの今いくよ・くるよが約7200万円の所得隠しを指摘されるなど、同様のケースが後を絶たない。正蔵の襲名披露は、落語ブーム再燃の起爆剤として、落語界に多大な貢献を果たしたが、祭りの舞台裏で所得隠しをしていたとは、落語ファンへの重大な裏切りといえそうだ。

(サンケイスポーツ2007年8月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
林家正蔵(こぶ平)が1億2000万円脱税−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 13:08 | Comment(1) | 脱税事件!!

魚沼産コシヒカリの卸売り業者6億円脱税

 最高級ブランド米の魚沼産コシヒカリなどを卸売りする新潟県魚沼市の「諸長商店」と「魚沼商事」が、計約6億2000万円の所得を隠し、計1億8000万円余を脱税したとして、関東信越国税局が法人税法違反容疑で、両社と両社の諸橋勤社長(52)を新潟地検に告発していたことが31日、分かった。

 冷夏だった2003年にコメが10年ぶりの不作となり、魚沼産コシヒカリも高騰。利益が急に膨らんだため、脱税したという。諸橋社長は「調査は受けたが、今は何も話せない」としている。 

 関係者によると、諸長商店はコメの仕入れを水増しして経費を過大に計上するなどし、05年5月期までの3年間で約4億8000万円の所得を圧縮。約1億4500万円を脱税した。

 水増しは、取引先に納入伝票を偽造させたり、魚沼商事を間に挟んだりして行い、水増し分も含めた代金を一度支払った後、謝礼を除いた金額を普段使わない口座に戻させていたという。

 魚沼商事も、仕入れの水増しなどで05年8月期までの3年間に約1億4000万円の所得を隠し、約4200万円を脱税したという。新潟農政事務所によると、03年米の県内の作況指数(平年=100)は96で、不作だった。コメ価格センター(東京都中央区)によると、卸業者による同年の魚沼産コシヒカリの落札価格は、60キログラム当たり平均約34700円で、平年より3割前後上昇。4万円を超える最高値を付けた月もあった。民間調査会社などによると、諸長商店は1906年創業。魚沼産コシヒカリなどのコメや穀物の卸売りを主に手掛け、都内にも営業所を置く。06年5月期の売上高は78億円。

(時事通信2007年8月)

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
魚沼産コシヒカリの卸売り業者6億円脱税−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 13:05 | Comment(0) | 脱税事件!!

バレンティーノ・ロッシ99億円相当の脱税疑惑

ローマ――イタリアの国税当局者は8日、二輪車のロードレース世界選手権シリーズの第一人者、バレンティーノ・ロッシ(イタリア、ヤマハ)に脱税疑惑が浮上したとして調べていることを明らかにした。

対象の金額は2000年から04年までに未申告の約6000万ユーロ(約99億円)相当。ロッシは2000年に、税金の待遇面で有利な英国に移り住んでおり、今回の疑惑はこれに起因している可能性がある。

伊ANSA通信によると、ロッシは声明を出し、「契約する会計コンサルタントが問題を調べている」と指摘し。ロンドンに拠点を構えた後も、母国には家族、友達と会い、休暇を過ごすため戻っているとも述べた。

28歳のロッシはモトGPクラスの年間総合王者を計5回獲得しているが、昨年はタイトルを逃した。今季は総合2位に付けている。

(CNN/REUTERS2007年8月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
バレンティーノ・ロッシ99億円相当の脱税疑惑
posted by Tax at 13:02 | Comment(0) | 脱税事件!!

同人誌漫画家「品川 かおるこ」所得税6570万円脱税

下里容疑者は「品川かおるこ」のペンネームで知られ、週刊少年ジャンプ(集英社)で連載中の漫画「テニスの王子様」の登場人物に似せたキャラクターを描いた漫画が人気だという。

 起訴状によると、下里容疑者は、所得が2005年まで3年間で約2億円あったにもかかわらず、約2000万円だったと松本税務署に申告し、所得税約6570万円を免れた。

 下里容疑者は02年ごろから、自費出版を始め、同人誌は書店などで販売されていた。「同人誌作家は将来の保障がないので、売り上げをとっておこうと思った」と供述しているという。

(読売新聞2007年3月)

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
同人誌漫画家「品川 かおるこ」所得税6570万円脱税−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 13:00 | Comment(0) | 脱税事件!!

FX 所得税法違反で3人告発 9億7000万

 少ない元手で大きな利益が期待できる投資商品「外国為替証拠金取引」(FX)でもうけた所得を申告しなかったとして、東京国税局が東京都内の投資家3人を所得税法違反(脱税)の疑いで東京地検に告発していたことが分かった。05年までの3年間で、隠した所得は3人合わせて約9億7000万円、脱税額は約3億4000万円にのぼるという。FXはネット取引の普及で主婦や高齢者も含めた幅広い個人投資家の間で人気が高まっている半面、多額の利益を得ながら税務申告しないケースも目立ち、国税当局による告発が相次いでいる。

 告発されたのは、足立区の不動産賃貸業の男性(70)と美容院を経営している妻(66)の夫妻と、江戸川区の保険代理業の男性(84)。

 関係者によると、足立区の夫妻はFXで計約7億5000万円の所得を得たが、全く申告せずに約2億7000万円を脱税。江戸川区の男性も約2億2000万円の所得を隠し、約7000万円を脱税した。隠した所得はさらに取引につぎ込んだり、預貯金に充てたりしていたという。

 国税局は、3人が本業での所得を申告しながら、FXの利益を申告していなかったため、悪質な脱税と判断したとみられる。

 足立区の男性は「うかつだった。もうかった時はよかったが、こうなると後悔と半々。06年は大損もしている。40年かけてためた金がほとんどなくなり、今はお金をつくることで頭がいっぱい」と話している。

 FXは、米ドルなどの外貨を売買し、外国為替相場の変動に応じて損益が出る商品。業者に預けた証拠金を元に数十倍の取引ができるため、大きな利益が期待できる半面、損失も多額になる危険性がある。今年4月には東京都世田谷区の主婦が約4億円の所得を隠し、約1億4000万円を脱税したとして在宅起訴された。

(朝日新聞2007年7月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
FX 所得税法違反で3人告発 9億7000万−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:58 | Comment(0) | 脱税事件!!

FX7億2600万所得隠し

 兵庫県西宮市の元職員の女性(33)と両親の3人が平成15〜17年の3年間で、外国為替証拠金取引(FX)で得た所得計7億2600万円を隠し、約2億5000万円を脱税していたとして、大阪国税局が大阪地検に所得税法違反罪で告発していたことが24日、わかった。3人はいずれも容疑を認め、修正申告を済ませたもようだ。重加算税を含めた追徴税額は3億3000万円に上るとみられる。

 関係者によると、元職員ら3人は14年末ごろから、東京に本店がある商品先物取引会社を通じてFXを開始。父親(63)は15年に約5700万円の利益をあげたが、税務署には雑所得などを合わせた所得は約90万円と申告していた。

 16年には父親が6000万円、二女の元職員は4400万円以上の利益を得ていたが、ほとんど申告していなかったという。

 さらに17年に入ってから、3人は複数の業者にもFXの口座を開設し、取引を拡大。父親が1億6000万円以上、母親(63)が2億2400万円、元職員が1億7700万円をもうけたが、それぞれ所得額を280万〜560万円とする虚偽申告を行い、脱税。

 父親は西宮市内で酒店を経営していたが、FXを始めてまもなく廃業。二女の元職員は西宮市に勤務していたが、大阪国税局の告発を受けた直後の5月末に「個人的な理由」で退職している。優秀な職員で4月に新しい部署に変わったばかりだったという。

(産経新聞2007年7月)

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
FX7億2600万所得隠し 西宮市元職員と両親 追徴3億3000万−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:56 | Comment(0) | 脱税事件!!

FXで主婦が4億脱税

主婦がFXの4億所得申告漏れ

東京都世田谷区に住む59歳の、ふつうの主婦が、亡くなった母親の遺産を元手にFX(外国為替証拠金取引)で3年間に4億円を稼いでいた。こんなに儲かるFXっていったいなんだ!

10万円の元手で、100万円の取引をする

主婦は儲けを申告せずに、東京国税局から所得税法違反(脱税)の疑いで東京地検に告発されたと、2007年4月13日付の朝日新聞や読売新聞などが報じた。

FXの場合、利益が20万円を超えると申告義務が発生。ところが、株式投資にはある、証券会社等が投資家との取引記録に関する調書の国税局への提出義務がFXの場合はないため、投資家がFXで得た利益は基本的にはわからない。
東京国税局は「市場取引分については証券会社等から取引記録の申告がありますが、相対取引の場合は会社側に申告義務はありません。ただ、FXは相対取引のほうが多いんです」と説明する。所得隠しがばれるケースとばれないケースがあるというわけだ。
この主婦の場合、相対取引だったが、発覚した経緯について東京国税局は「それはお答えできません」と答えた。
「理論上は4億くらい勝てるかも」

 それにしても、3年間で4億円とは凄腕の外為ディーラーもびっくりである。ネットに集まったFX投資家は、

「OTC(相対取引)であれば、(所得を申告しないと)ばれないって、初めて知った」
「あるとき(証券会社等に)調書の提出義務が発動されたらバレバレになり追徴…ひえー」
「いったい、どこまでバレているんだ!」
「ほとぼりが冷めたらぜひ本を書いてほしいね」

と、騒然となっている。
なかには、「遺産が1億円として、年利50%の運用であれば、単純にレバレッジ10倍で…2002年くらいから円安の右肩上がりの相場が続いたし…」と、この主婦の投資行動を冷静に分析し、「理論上はそれぐらい勝てるかも」と指摘する投資家もいた。

「FXが告発に至ったケースは今回が初めて」という東京国税局。ある女性フィナンシャルプランナーは、「確定申告のときなど、税務署の方にFXといってもきょとんとしていて、明らかに勉強不足です。一方でFXの所得はばれないと思っている個人投資家は多くいると思いますが、今後FX人気が高まれば、税当局もしっかりみていくでしょうから、きちんと申告したほうがいいでしょうね」と話している。

(ライブドアニュース2007年4月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
FXで主婦が4億脱税−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:53 | Comment(0) | 脱税事件!!

アトラスプロモーション 7000万円脱税

子どものモデルを広告代理店などにあっせんする「アトラスプロモーション」(東京都豊島区)など二社が二○○五年十二月期までの三年間に計約二億六千万円の所得を隠し、法人税約七千万円を脱税したとして、東京国税局が法人税法違反容疑で二社と、二社の泉俊光前社長(52)を東京地検に告発したことが六日、分かった。
 告発されたのは、このほかグループ会社の旧「ワイズプロモーション」。両社とも既に修正申告している。

 関係者によると、二社は繁華街で親子連れらを勧誘。モデルとして登録する際に受け取った写真撮影料や登録手数料など(一件につき約五万円)の一部を売り上げに計上せず、意図的に申告から除外していた。

 隠した所得はアトラスグループがメーンスポンサーだったプロバスケットボール男子のbjリーグ「富山グラウジーズ」の支援金や自社ビル建設費に充てていたという。

 アトラス社に登録している子どものモデルは現在約二万人に上り、全国に七支社と六スタジオを持ち、勧誘は全国で展開。ワイズ社は西日本地区で勧誘活動をしていた。

 泉前社長は税理士資格を持ち、税理士事務所も経営していたが二月、廃業。「富山グラウジーズ」のスポンサーからも六月末で撤退する。
(北日本新聞2007年4月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
アトラスプロモーション−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:49 | Comment(0) | 脱税事件!!

朝青龍が1億円の申告漏れ

 大相撲の横綱・朝青龍関(26)=本名ドルゴルスレン・ダグワドルジ、モンゴル・ウランバートル市出身=が、テレビコマーシャルの出演料などの収入を申告していなかったとして、東京国税局から05年までの3年間で約1億円の申告漏れを指摘されていたことが分かった。追徴税額は、過少申告加算税を含め約3000万円とみられ、既に修正申告しているという。

 関係者によると、朝青龍関は日本相撲協会が源泉徴収する給与や懸賞金とは別に得ていたコマーシャルの収入や、04年8月31日に国会議員や著名人ら約800人を集めて行った結婚披露宴時のテレビの放映権料などの収入の税務申告に不備があったという。

 朝青龍関を巡っては、大相撲夏巡業の休場届を出しながら、母国モンゴルでサッカーをしていたことが7月末に発覚。今月1日、同協会から2場所連続の出場停止など前例のない厳しい処分を受けた。自宅に引きこもる状態が続いていたが、同協会が依頼した医師から「解離性障害」と診断され、モンゴルへ帰国するかどうかが注目されている。

 ▽日本相撲協会・北の湖理事長の話 問題の内容を詳しく聞いていないのでよくわからないが、税務署で対応して修正申告しているのだから、もう解決していることなのだろう。
(毎日新聞2007年8月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
朝青龍が1億円の申告漏れ−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:45 | Comment(0) | 脱税事件!!

アコム 149億円の申告漏れ

 消費者金融大手のアコムは31日、東京国税局の税務調査受けて平成18年3月期までの2年間で約149億円の申告漏れを指摘されたと発表した。追徴税額(更正処分)は過少申告加算税などを含め約49億円。同社はすでに納付を済ませたが、不服申し立てを検討している。

 同社によると、利息の返還を求められた訴訟で敗訴したり、同じような訴えを顧客から受けて和解に応じるなどした際、放棄した元本を過去の焦げ付き実績に含めて「非課税枠」を設定してきたが、同国税局は「元本放棄分は含めるべきではない」と指摘したという。

(産経新聞2007年8月)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
アコム149億円の申告漏れ−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:43 | Comment(0) | 脱税事件!!

竹中工務店、280億円課税漏れ

大手ゼネコンの竹中工務店(大阪市、非上場)が、社員の持ち株会から簿価よりも高い価格で自社株を譲り受けて相殺させた貸付金の一部約280億円が「みなし配当」に当たるとして、大阪国税局から約56億円の源泉徴収漏れを指摘されたことが7日、わかった。

 大阪国税局は不納付加算税を含め約61億6000万円を納めるよう納付告知などを行ったが、竹中工務店は処分を不服として、近日中に大阪国税局に対し、異議申し立てを行う方針。みなし配当をめぐる課税漏れとしては、過去最大級とみられる。

 関係者によると、竹中工務店では社員約7600人の大半が「竹中工務店持株会」に加入し、自社株を購入。退職などで社員が退会する際、同会が株式を引き取り、それに見合う代金を支払う仕組みで、福利厚生の一環として行っている。

 ところが、近年は団塊世代の大量退職などで新規購入分よりも支払い分が超過しており、会社からの借入金で超過分を補填(ほてん)していた。このため、同会は平成16年7月、保有していた株式を会社側に譲渡することで借入金と相殺することを申し入れた。

 この際、竹中工務店は1株当たりの「時価相当額」を約500円の簿価よりも高い約4000円と設定し、約790万株を約320億円で購入した。大阪国税局はこの取引をめぐり、簿価との差額約3500円は実質的な配当に当たる「みなし配当」と認定。約790万株の差額総額の約280億円は税法上、所得税の源泉徴収義務があるとして、竹中工務店の源泉徴収漏れを指摘したという。

 竹中工務店は昭和12年設立で、平成17年度の売上高は1兆238億円。国税局の指摘に対し、同社広報部は「指摘されたのは事実だが、『みなし配当』と認定されたことには不服がある。近日中に異議を申し立てる」としている。
(2007年2月 サンケイ:イザ)

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
竹中工務店、280億円課税漏れ−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:40 | Comment(0) | 脱税事件!!

ナリタフーズ脱税、社長を逮捕

 輸入豚肉にかかる差額関税約59億円の脱税事件で、千葉地検は6日、関税法違反容疑で食肉卸会社「ナリタフーズ」(千葉県柏市)の社長、田辺正明容疑者(60)を逮捕し、同社など関係先を一斉に家宅捜索した。

 調査を進めてきた横浜税関も6日、同容疑で田辺社長らと法人としてのナリタフーズを告発。田辺容疑者は地検の調べに対し、容疑を否認しているもようだ。

 ナリタフーズの立件額は、過去最高となった協畜(愛媛県四国中央市)の約118億円、名古屋市の「フジチク」グループの約62億円に次ぐ過去3番目の規模になる見通し。

 調べによると、田辺容疑者らは平成16年1月ごろから17年2月ごろにかけ、基準輸入価格より単価が安い豚肉に課される差額関税59億円余りを免れた疑い。

 田辺容疑者らは取引で、実質的に経営している香港の貿易会社と、柏市内の別の食肉卸会社が仲介したように装い、デンマーク産豚肉の輸入価格を税関側に800回以上にわたり水増しして申告したという。

 国産豚肉保護を目的とした差額関税制度は、通常の関税を含めた輸入価格が、世界貿易機関(WTO)交渉で設定された基準輸入価格を下回る場合、基準価格と同額になるまでさらに関税を課す仕組みとなっている。
(2007年2月イザ)


もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
ナリタフーズ脱税、社長を逮捕−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 12:36 | Comment(0) | 脱税事件!!

くらたま(倉田真由美)の漫画制作会社「たまくら」が脱税


人気コミック「だめんず・うぉ〜か〜」で知られる漫画家、倉田真由美さんが社長を務める漫画制作会社「たまくら」(東京都新宿区)が東京国税局の税務調査で、2005年4月期までの3年間に約1800万円の所得隠しを指摘されたことが29日、分かった。

 重加算税を含めた追徴税額は約600万円に上り、既に修正申告している。

 関係者によると、たまくらは漫画のアシスタントが実際には数人しかいないのに、数十人を雇っているように装って、人件費を水増ししていたという。

 倉田さんは「(だめんず・うぉ〜か〜で)にわか収入があったのに税務面をいいかげんにしていたところがあった。ご迷惑をお掛けした」と話している。
(2006年11月日刊スポーツ)

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
くらたま(倉田真由美)の漫画制作会社「たまくら」が脱税−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 04:41 | Comment(0) | 脱税事件!!

KISAKI(ファンタスマゴリア)が脱税

大阪国税局は21日までに、05年までの3年間に計約4600万円を脱税したとして所得税法違反容疑でミュージシャンで音楽プロデュース業の松浦忠史経営者(30)=和歌山県海南市=を和歌山地検に告発した。

 松浦経営者は「KISAKI(キサキ)」と名乗り、一部若者を中心に人気のビジュアル系バンド「ファンタスマゴリア」のメンバーとして活動。

関西のビジュアル系バンドではリーダー的存在だ。

「芸能界は人気が落ちると一気に収入が途絶えるので、将来のためにお金を残しておきたかった」と脱税の動機を話しているという。

既に申告し直しており、追徴税額は重加算税を含め約6400万円に上るとみられる。
(2006年12月スポニチ)

もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
KISAKI(ファンタスマゴリア)が脱税−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 03:35 | Comment(0) | 脱税事件!!

ニューウェイズ(Neways)創業者脱税で逮捕

ニューウェイズ(NEWAYS)創業者、脱税罪で刑務所へ(2006年9月)

ユタ州に拠点を置くニューウェイズ社(Neways,国際的な化粧品及び健康補助食品会社)の創業者の刑期に関する判決が下った。

ニューウェイズ社の共同創業者であるトーマス・マウワー(Thomas E. Mower)と元妻レスリー・ディアン・マウワー(Leslie DeeAnn Mower)は、約3.2百万ドル(約3.7億円)に上る海外からのコミッション収入の申告漏れにより百万ドル(約1.2億円)以上の脱税をしたとして前者は約三年、後者は約二年の禁固刑をそれぞれ言い渡された。

2005年3月、連邦陪審員は、1件の詐欺共謀罪と6件に上る脱税罪を指摘し有罪としており、今回判決が下ったが、二人の弁護士は彼らの投獄を保留するように主張している。



もっと詳しく知りたい方はこちらへどうぞ
ニューウェイズ(Neways)創業者脱税で逮捕−脱税・申告漏れ事件
posted by Tax at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脱税事件!!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。