幼稚な詐欺師−高等犯罪と低俗犯罪 税金110番!−脱税と節税は紙一重?

2007年09月06日

幼稚な詐欺師−高等犯罪と低俗犯罪

脱税や税金とはあまり関係ありませんが、面白い発想のコラムだったので、採り上げます。
これによると脱税は、まず稼がないとできない犯罪なので高等な犯罪の部類に入るのでしょうか?
とはいっても、申告しない犯罪と課税を避ける犯罪があるので、後者の場合は・・・かもしれませんが。



 犯罪には誰でも出来る犯罪とある一定の人にしか出来ない犯罪があります。

 例えば脱税などは、金持ちの犯罪だといわれています。脱税をするためには、それだけ稼ぐ必要があるからです。稼がなければ、脱税するだけのお金がありません。

 そういう犯罪の中で頭が良くなくてはいけない犯罪の一つに、詐欺というのがあると思います。

 詐欺を働くには相手を騙さなければなりません。騙すためには相手の対応によって柔軟に対応したりし、口が上手くなければいけません。詐欺というのはかなり頭が良くなければいけません。

 しかし最近の詐欺は、こういう頭の良さが感じられない幼稚なものが増えてきています。オークション詐欺であったり、振り込め詐欺であったり、詐欺と呼ぶにはあまりにも幼稚な犯罪が増えています。

 こういう犯罪者に詐欺師という言い方は、あまりにも恥ずかしすぎる気がします。こういう幼稚な犯罪にも詐欺という名前をつけることで、少しは犯罪者として誇らしさみたいなものを与えているように思います。

 例えば、痴漢で捕まったりしたらかなり恥ずかしいです。この恥ずかしさはある意味、痴漢という犯罪を減らす抑止力みたいなものになっているように思います。

 また、振り込め詐欺やオークション詐欺のような、詐欺の中でも幼稚なものが増えてきた背景には、ネットの普及も関連していると思います。

 オークション詐欺はそのままネットの普及により広まったものだと思います。幼稚で安易でちょっとした知能があれば誰でも出来る犯罪です。

 こういう幼稚な犯罪者には、捕まったときに恥かしがらせるような犯罪名をつけるようにした方がいいと思います。マスコミもそういう所に知能を使い、名前を付けるようになれば、もう少しマスコミの評価も上がるように思います。

 ネットの普及により、安易に詐欺師になれるこの世の中、自分は詐欺師だと思っている幼稚な犯罪者が多いと思います。詐欺師という知能犯罪とは違うということをしっかり教える必要があると思います。

 詐欺師とは、頭が良くなくては出来ない犯罪です。今流行っているのは、詐欺なんていう高級な犯罪ではないでしょう。ただ、本当に頭の良い人は犯罪に走らなかったりします。

(9月4日 ツカサネット新聞)

確かに振り込め詐欺など、幼稚な詐欺が増えてますね。
思いつきでしかないような馬鹿げた方法ですが、億を超える被害が出ていることが信じられません。
私は大阪出身なので両親が引っ掛かる心配があまりないので、他人事のように感じますが、手口も徐々に巧妙になってきているようですね。

posted by Tax at 14:30 | Comment(0) | その他税金に関すること
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。