サラリーマンでも一時所得(生命保険の満期返戻金など)があると確定申告が必要です 税金110番!−脱税と節税は紙一重?

2008年08月12日

サラリーマンでも一時所得(生命保険の満期返戻金など)があると確定申告が必要です

サラリーマンで特に副業を一切していなくても確定申告が必要な場合があります。

今回は生命保険などの一時所得を得た場合について触れます。


近頃では生命保険にもいろいろあって、積み立て式や一定期間が経つと満期返戻金などで一時金が支払われる保険があります。

こういった保険に加入して、保険料の負担者本人が満期保険金を一度に受領した場合には、原則として一時所得になります。


一時所得の金額はというと、その満期保険金だけで考えると、受け取った保険金(一時金)の金額から払い込んだ保険料を差し引き、更に一時所得の特別控除額50万円を差し引いた金額です。


実際に課税の対象となるのは、この金額を更に1/2にした金額ですので、それほど心配する必要も無いかもしれません。

でも、申告しないと「申告漏れ」だの「所得隠し」だのという世間を騒がせる事件と同じ扱いになってしまうので、注意したいものです。
たとえ少額でも知らなかったですまないのが税金です。

告発されないまでも罰金は・・・


話は逸れますが、一時金を受け取る以外にも確定申告が必要な場合は?というと、「給与所得及び退職所得以外の所得金額が20万円を超えるとき」というのがあります。

ただし、これも給料が2000万円未満の場合で、2000万円を越えると確定申告が必要なんですね。

高給取りは意外と厄介です。(笑)

満期保険金の受領などの一時所得を受け取って解らないことがあれば何でも税務署に相談してみましょう。

意外と?親切に教えてくれるものです。

私も転職で海外に出たときに確定申告に行きましたが非常に親切に指導頂いて結構税金が戻ってきた記憶があります。
posted by Tax at 16:22 | Comment(0) | 税金のヒント(個人編)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。