所得、納税額を実名でネット公開したイタリア、アクセス殺到であえなく中止・・・ 税金110番!−脱税と節税は紙一重?

2008年07月17日

所得、納税額を実名でネット公開したイタリア、アクセス殺到であえなく中止・・・

イタリアの税務当局は、納税者全員の申告所得や納税額をインターネットで公開するという無謀な掛けに出て、案の定(?)、袋叩きにあったというニュースです。


 イタリアで2日までに、税務当局が全納税者の申告所得額や納税額などの個人情報をインターネットで公表したが、直後にアクセスが殺到してシステムがダウンした上、人権団体や個人情報保護当局などから「プライバシー侵害」との抗議や批判も相次ぎ、公開中止に追い込まれた。

 同国では伝統的に納税意識が低く、脱税が横行。税務当局は公開により、納税額が少ないことが明確になるケースや、納税していない人を明らかにすることで脱税防止を狙ったが、勇み足に終わった形。

 一方で、芸能人や政治家ら著名人の所得も明らかになり、公開後に「この人がこんなに所得が少ないのはおかしい」との声も当局に寄せられたという。公開されたのは2005年の申告所得額などのほか、申告者の名前、住所、生年月日などほぼすべての個人情報(共同)。


それにしても、無茶苦茶なことを実行したもんですね。

プライバシー侵害どころの話で済めばいいところです。

納税していない人を明らかにすることで脱税防止を狙ったそうですが、そんな他力本願ではなくて自分達で調べた方がいいのではないかなぁというのが率直な感想です。

それが彼らの仕事ではないのでしょうか?

日本の国税局はあんなに必至に頑張って税金を搾り取ってるのに、えらい違いです。(笑)
posted by Tax at 18:00 | Comment(0) | 税ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。