マルサの摘発白書 FX脱税が最多、消費税が過去最高に 税金110番!−脱税と節税は紙一重?

2008年06月20日

マルサの摘発白書 FX脱税が最多、消費税が過去最高に

平成19年度に国税局が告発した事件は158件だったそうで、FXなどの取引に絡む脱税が最多だったようです。

件数だけを見ると、それほどの数に見えませんね。

細かい脱税事件は、追徴課税で済まされているということなんでしょうかね。




全国の国税局が平成19年度に検察庁に告発した脱税事件は158件で、このうち業種別では、摘発が相次いだ外国為替証拠金取引(FX)による巨額脱税を含む「商品・株式取引」が21件と最多だったことが、国税庁のまとめで分かった。

 まとめによると「商品・株式取引」に含まれるFXの運用益を個人が隠した脱税事件は19件で、前年度の1件から大幅に増えた。前年度1位だった「人材派遣業」は14件で3位。

 税目別では消費税が30件と過去最高で、宝石を輸出したと偽装して免税分を不正還付したケースのほか、人材派遣業による外注費の仮装などが目立った。

 告発した事件の脱税総額は309億円。強制調査(査察)で摘発した脱税事件は前年度に比べ11件減り220件だった。



身近な悪質な脱税にも目を配って欲しいものです。

posted by Tax at 04:45 | Comment(0) | 税ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。